無題。

本日,某省の講演に参加。

18年目の自称若手職員(※室長)。

 

地域社会の在り方について,自身の経験を踏まえながら話してくださった。

・「自助」「互助」「共助」を高めていく必要がある

・国は自治体等をサポートする役に回る

ざっくり話の内容はこんな感じ。

 

その体制,私も理想だと思う。が,理想は理想。

言い方を悪くすれば

現代の日本人は,

人と関わろうとせず,好き勝手行動する利己主義者。

自分も然りってところがまた情けない。

 

ネットが発展して友人と気軽に繋がれるため,わざわざ新しいコミュニティを求めない。さらに「おひとりさま」をターゲットにしたビジネスが受け入れられ,孤独が肯定される世の中に。

選択肢の幅が広がり,幸福追求が複雑化。

まるで「よそはよそ,うちはうち」=「よその不幸は関係ない,自分が幸せであればいい」の構図がつくられているかのように感じる。

 

ここで自分の中で葛藤。

利己主義者の人なんて放っておけ。そんな自由奔放に生きている人はどうなってもいい。気に掛ける必要はない。

vs

いやいや,利己主義者が増えたからこそ社会的弱者を救うために制度を確立するべき。

どんな道を選んでもセーフティーネットがあることで,より豊かな日本になる。

それに理想の社会を現実にするためには長い間,その理想社会の価値を国民に訴え続ける必要がある。今は変革に向けて我慢。そんな段階。

 

仕事だってなんだって,誰かがやらなければ他の誰かがやるもんなんだ。

だから,国がやらなくてもいい業務はあると思う。

国の立場,行政の立場を見直して,本当に必要なものだけを行う。

そして企業なり他の団体が活動するときに手こずっていたらサポートすればいい。

国の役割はそんなもんでいい。そのくらいがちょうどいい。

 

今後,日本をどうしていこうか。

抜け殻りさつん

5月下旬のドタバタ生活を振り返る。

 

5/22

AM 面談

vs社員2名。優しい。ガクチカカクカクシカジカ。

この企業とのバトルにも慣れたなぁと成長を実感。

 

PM 面談

まずは作文。テーマは日本における長時間労働是正徹底の賛否。公務員志望者得ではないか!公平中立を意識しバランス感覚をアピール。一生懸命カキカキした。

お次は個人面談。本部の人事が現れた。若いイケメンお兄さん。

おじさんキラーの私はイケメンお兄さんの耐性が皆無。

はい、撃沈。AMの自信は過信であった。人気企業はそう甘くはなかった。

 

帰宅、荷造り、新幹線移動

 

5/23

試験。筆記の部。

法学部生でなければ闘うのは難しい。

とりあえずカキカキ。受かったら儲けもん。

夜は先輩・友人と焼き肉を喰らい活力をつける。

 

5/24

試験。面接の部。

集団面接でひるむ。終わった!帰れる!と思ったら勝負はここからであった。

志望先の調査言うたやん。うそやん。志望先の政策バトル炸裂。

しかも完敗。いやぁもう乾杯。

 

新幹線移動、実家へ帰省

 

5/25

面談。穏やかすぎる、なんだこれは。面接官の面白話に花を咲かせる。

いやいや、私の話させて?とりあえず終了。

面接を終えると嬉しい着信が♡

すぐに折り返し、握手会の予約をいれる。

ついでにもう1件握手会予約を申し込む。

 

新幹線で現在の居住地へ戻る。これだけ動いても倒れない自分に驚く。

丈夫な身体に産んでくれた母に感謝申し上げます。

 

5/26,27 休息(勉強)

 

5/28

試験。できる限りのことは書いた。

あとは通れと念じるばかりである。いや、面接対策せねば。

 

5/29 

面談。もうおしゃべり。

人事にいじられキャラ認定をされた模様。

おーい人事さん、これは選考だぞー。真面目に聞いてくれ~。

しっかし、この企業は本当に素でいられる。家族のような温かさ。

基本的に素で臨んでいるが、その中でも特に安心できる場所である。

 

学校に戻り、ゼミで卒論報告を終え、今に至る。

怒涛の日々が終わり、本日は抜け殻りさつんである。

 

今後1ヵ月は政策の理解、新書購読を行い、政策に対する自分の考えを磨く。

答えのないものを追求する日々の始まりである。

よし、明日も面談2件やったるでん!

 

5/30 追記

AM

面談。お世話になってきた安定のお二人。今日の出来は我ながらよかった。その場で6/1に来てくださいと言われる。目を見開く私に笑う2人。ほっこり。

 

バスで実家に帰省

 

PM

まずは作文 。テーマは高齢者の運転規制の強化の賛否。毎回思うが、この作文はなんの意味があるのか。頑張ってカキカキ。

お次は面談。入室するとおじさん2名。えぇ、強そう。というのは最初だけ。ガクチカ話した後はお仕事の話をひたすら聞くのであった。OB訪問か。

 

終了後15分以内に電話が。うそやん。

ぜったい面談の審議してないし作文読んでない。明日、突如最終が入ることとなったのである。

 

5/31 追記

昨日に引き続き面談。

逆質問5分と言いつつたくさん話してしまった。

その場でNT。え、いま?ここで?

びっくりなのである。

ありがたく頂戴することにした。

オワハラ一切なしの温かい企業である。

実際、こちらにお世話になるのもとても良いなぁと思うのである。

 

昼食を食べ、バスで居住地に戻る

 

新緑に心踊る5月も本日で終わりである。

とても緊張しています

今日で筆記試験のための図書館通いが終わった。

長かった、実に長かった。

でも、過ぎてしまうとなんだか寂しいな。

 

明日は二次試験。

無事に通れば官僚の道まであと少し。

いや、やっとスタートラインってところか。

一次試験前よりも緊張している。

というか、就活における何よりも緊張している。

ひっひっふー。ひっひっふー。

 

寝坊しませんように。

書けるもの書けますように。

いい日になりますように。

 

なーむ。

つれづれにっき

人に考えを聞くときは重い人と思われないかとても不安になる。

 

今回、あまりにも気持ちが耐えきれなかったため、同じ大学の男の子に質問してみた。

Q. どの仕事している女の子なら将来見えますか。

f:id:risatumtum:20170520093257j:image

男の子はみんな3即決だと思っていた。

しかし実際はそうではなくて。3人に聞いてみんなバラバラ。ただ理由を尋ねるとそれぞれ筋が通っていて説得力がある。「女は男の都合に合わせるのが当たり前」のような古風な考えに引っ張られていたのは自分だったと気づく。お恥ずかしい。時代とともに価値観は変わる。それに答えは1つじゃない。「昭和の人生すごろく」はもう終わり。人の数だけ選択肢がある。

予想以上に良いと収穫になった。

この質問、けっこう人柄が分かって興味深い。他の人にも使ってみることにする。

 

しっかし、面倒な質問だったろうに、ちゃんと答えてくれる性格の良さに感動。私の心は救われた。

しかも真面目な質問に対して面白さを含ませる能力に長けている。脱帽。

この人たちと出会えて良かったと、クスクス笑いながら思ったのであった。(特に、生まれてこのかた独り身なのに想像を張り巡らせて答えてくれたジェントルマン。素敵な考えの持ち主なのに。宝の持ち腐れとはこういうことか。)

 

今回は

重い人と思われるかもと不安になって躊躇するより、それほど気にせず行動したほうが結果的オーライであった。人が良かった。お手数おかけした方々に感謝感謝。

私の評価ポイントはなに?

面接は苦手だ。上手く話せないし福島人の特徴、無抑揚が表れてしまうからである。

 

今日は難易度的に落ちても仕方ない企業の面接。

最後に逆質問のコーナー。ここは私の人物評価について利用することにした。

私「正直、私がなぜ御社の二次面接に進めているのか分かりません。私は面接が得意ではありませんし、話もつっかえてしまいます。」

面接官「貴女は非常に高く評価されていますよ。話の上手い下手はあまり関係ありません。仕事していると感じるのですが、最後に大切なのはプレゼン能力ではなく熱意なのです。それは話の上手い下手に関わらず伝わってきます。私たちはお客さまに安全と安心を提供するのが仕事。実際、うちの会社は不器用だけど実直で真面目な人が多いです。つまりうちの会社に求められる素質は話の上手さではなく、実直さや真面目さなのです。貴女は何事にも一生懸命に頑張っている。大丈夫、自信持って。」

 

心がうるんだ。なんて素敵な面接官なんだ。ここの会社、何においても一貫性がある。とてもすごい。面接散々だったから覚悟してるけど電話かかってくるといいな。

スーパーの休憩スペースの存在意義

今日は某企業の面談。

13:30からだと思っていたらまさかの午後3:30。担当者さんご迷惑おかけしました。

 

昼にコーヒー飲みすぎてもうカフェは行きたくない。→さて、どこ行く? →あ、近くのスーパーに座るところあったな

 

そしてスーパーの休憩スペースへ。

このスーパーは高齢者もよく買い物に来るので、各階のエスカレーター脇に椅子とテーブルが配置されている。私も2人が向かい合う席に着いた。

 

おばあさんAが私の向かい席に座ってきた。

カーネーションを買いにきたらしい。亡くなったお母様にも毎年カーネーションをお供えしているとか。素敵。今年は植木鉢スタイルが流行りらしい。

就活の話もしたが、私の受けるところ全て知っていた。どこもいいところと太鼓判をおされる。チョコをくれた。ありがとう。

明日は雨らしい。

 

おばあさんAが去った後、今度はおばあさんB。昨日すき家に行ったら階段で転んでしまったとか。お大事になさってください。

歯が綺麗と褒められる。歯列矯正をしたと答えると、その歯医者を教えてくれとのこと。紙に書いてあげたら綺麗な字と褒められた。初めて言われた。

それから某薬局の電話番号をスマホで調べてくれと。息子さんが調べてくれないらしい。そこは助けてあげようよ、と他人の家族関係に介入しそうになったのでぐっとこらえる。

またもや歯が綺麗と褒められる。次来たときに300円ほどの歯ブラシをあげたいとの熱烈なオファーを受ける。おぉ、今の歯ブラシ5本買える。しかし自分で買うとお断りした。

ランチパック1枚と、ようかんをいただいた。なんて気前がいいの!ごちそうさまです!

 

どちらのおばあさんも、歳を重ねると家族が近くにいなかったり、素っ気なかったりで話す相手がいないとのこと。買い物に来て休憩スペースでおしゃべりすることがとても楽しいらしい。

 

ここに来るまでは、高齢者の体力を気遣って休憩スペースを設けている、ただそれだけのことと思ったが、このスペースの果たす役割はそれだけでない。高齢者の交流の場としても機能している。若者じゃ見知らぬ人と会話などしないから、副次的機能を見落としていた。

 

改めて、スーパーの休憩スペースの存在意義を感じたのであった。ある意味、面談時間まちがえて良かった。

年取った方が幸せってステキね。

卒論で「東北地方の幸福度」について取り上げる予定。

そこでまずは「幸福度とは何ぞや」ということで内閣府の議論結果を読んでいます。

もう、序論からびっくりしました。

 

年を重ねるごとに幸福度が下がるって感覚的に分かりません?

10年前より夢や希望を持てなくなったり、無邪気でいられなくなったり。

世の中の理不尽さに疲弊したり。(って何歳だよ)

 

でも、その感覚は「日本特有」らしいのです。(しっかり調べていないので正誤は他責)H20年版国民生活白書より以下の資料を入手。

f:id:risatumtum:20170501095748g:plain

先進国においてアメリカのように幸福度がU字を描くのが一般的らしく、日本の「生まれたらあとは下るだけ」とは全く違うのです。

 

これが、高齢化の進む東北地方が他地域と比較して慢性的に幸福度の低い原因の1つなのですね。

 

何がこんなにも違いをもたらしているのだろうか。

長寿大国の高齢者が幸福度低いっていったい…。

これから高齢社会が進むのにこれはまずくないか。

日本を幸福度U字型の国にしたい。そのためにはどういう施策が必要だろうか。

 

論文サーベイ始動であります。