読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

労働と収入の分離

3/6 追記

この考えはやはり無謀。今の世の中のトレンドは国が統一的に何かやるのではなく、各自治体が地域に合わせて実行している。

とのこと。

ーーーーーーーーー

 

アメリカでは雇用拡大政策、日本では働き方改革。

人種は違えど労働に関して重要なテーマとなっている。

 

ふと、労働と収入の分離について考える。

大企業の出現により所有と経営の分離という現象が生じた。

次は、AIやロボットの出現により、労働と収入の分離が生じるのではないか。

星新一さんの作品でロボットが身の回りのことをすべて行い、人間は毎日ベッドの上にいる、というような世界が描かれているものがある。(タイトルは忘れてしまった)

ニュースを読み上げるのも、外で動いているのもみんなロボット。そんなわけで毎日なんの事件も起こらず平和(?)な世の中である。

これはあまりにもSFすぎる世界ではあるが、これに近い将来も描けなくはないと思う。

ここで同時に語らなければならないのがベーシックインカム

ベーシックインカムがあることで、

働きたい人だけが働き、働きたくない人は働かずに済む。

企業は雇用の維持について考えず、便益のみ考えて事業を行えば良い。雇用を生み出すだけの無駄な仕事が消え、効率が上がる。

子どもを産めばそれだけ収入が増えるから、少子化対策にもなる。

東京に比べ地方の方が安く生活できるので東京一極集中も軽減できる。

今までもベーシックインカムが何度か議論されてきたが、財源は?と問い詰められ終了だった。しかし、ロボットによる労働の対価を財源にあてる仕組みが構築されれば、財源の問題も解消される。

ロボットの稼ぎを人間に分配する。これが労働と収入の分離。

 

そこに至るまで(至ってからも)たくさんの問題が浮かんでくるが…

最近、どうも働き方改革の先について考えが走ってしまうため、歯止めをかけるべくここに吐き出した。

 

 

万里の長城ベルリンの壁、次はアメリカとメキシコの間に壁。

自国のことだけを気にかければ十分ですか。

愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。

行き過ぎた私の脳内には再度、歴史を学ぶことが必要である。

まずは労働の歴史について、「女子」という角度から学ぼう。

というわけで、

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" />

働く女子の運命 *3

 

 これを読み始めたが、知らなかった雇用システムや賃金制度があり、良いチョイスな気がする。生活給たるものを初めて聞いた。お恥ずかしい。

 

今日から2月。地に足つけて、再度気合い入れなおしである。

 

~余談~

・先日、大学に『笑ってコラえての』取材が来てたらしい。TVに映りたかった。

・友人と幸せのパンケーキデビュー。美味しすぎ驚いた。

 ・パンケーキで幸せで幸せになったというより、それを一緒に食べる友人と楽しく話して幸せになった。(くさいくさい)

 ・なんせ今セメが終わる日に初めて昼ごはんに4人そろったんだから。

 ・ゼミしか行かなくなる場合、学校でみんなに会わないという現実。

 ・なにこれ寂しすぎるだろ。

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書

春休み到来

本日1限にて6セメが終了した。春休み到来である。

ドタバタなスタートであった。

というのも今日は

8:50-10:20 テスト@学校

11:00-17:00 公務研究セミナー@駅前

17:30-18:30 METI説明会@学校

という久々にややハードスケジュール。歩数計は13,000歩。普段の倍以上である。

 

〇公務研究セミナー

スライド使える個別の部屋くらい準備せい。

高校の友人に遭遇。遠くからおつかれさま。

 

①公調 new

・顔出すのは控えていること、法務省の外局であることを初めて知った…お恥ずかしい

・破壊防止法に基づいた仕事

・本庁は規制、分析・評価、現場は調査、立入検査

ヒューミント:human intelligence 人を通じた情報収集

うーむ。こんな仕事もあるんだな~と純粋に学びとなった。

 

経産省

・2050年を意識しながら仕事をしている

・資源のない日本がどうやって生きていくのか→資源を買うしかない→金が必要→仕事をする必要→仕事って産業だよね⇒産業を強くしよう

※ちなみに高福祉国には強い産業が存在

・ビジネスしている人がもっとビジネスしやすくするっていうのが経産省の役割

・特区作って新しいものを試すってのも民間は踏み出せない→経産省がやる

・Stay hungry, stay foolish

「民間は利益最大化だが、経産省は国富最大化」「自分のやりたいことを達成できる"ツール"としての経産省」という考え方が個人的にとても気に入った。

 

厚労省

医療保険について

・医療分野のICT化について

医療保険…複雑…誰の頭で考えたんだ…補助減額できるようにしたいものである。

医療分野のICT化激アツ。あのデータ使って研究すれば幅が広がる。アツい。

今回の個人的テーマは「フラットに省庁を見る」だったのに…厚労省からいったん離れると決めたのに…吸い寄せられた…

でも先輩直属の上司にお会いできたので大いに満足である。

 

④内調 new

・総理の耳と目

・社会、経済、政治などなどの情報収集&分析

おぉ~こりゃ面白い。興味深々。大きな収穫である。

20数年にわたり、同じ国について調べ続けるのは飽きそうな気もするが。

 

文科省

・つかっちゃんさん再会

・というかYさんも12月に会ったことがあるような

・教育行政は案外現場の声に任されている

・文化、スポーツは予算をどう振り分けるか難しい

質問の応答で理解が深まったし仕事のイメージが以前より湧いた。しかし、スポーツ行政についてもう少し知りたいところ。まぁ、それに限らずもう少し踏み込んだ話を聞きたいものである。

 

経産省 個別説明会

資源エネルギー政策(LNG獲得戦略)

・エネルギー分野、重要施策なのにニュース読み飛ばしていた

・つまり無知のまま聞いたわけである

・市場がないってどういうことだ

・って思ったら、今は原油価格に応じて価格決定しているということらしい。それを市場原理に任せた価格設定に変えようというわけ。ふむふむ。

よう分からん言葉が頻出。新聞は経産省の重点課題関連を読み飛ばさず読もう。

しかしMさんの記憶力は何だ。合説で最後列に座っていたのに覚えてるとは…最先端の人間型ロボットか。「元気だね~肌が合いそうだ」と言っていただけたので上機嫌である。

 

「省庁をフラットに見る」という目標は8割は達成できただろう。

また明日から公務員試験の勉強に本腰を入れる日々の始まりである。

 

~余談~

リクルートが斬新な採用システムを確立。こりゃたまげたという内容が盛り込まれている。就活というものが今後さらに変化していく模様である。

 ・果たして大学の意義とは何なのか、就職予備校なのか

 

・忘れ物を探しに講義室へ行ったら、同じく忘れ物を探している美人編入生に遭遇

・美人に連れられて預かり所にたどりつけた

・まるで昔誰かにした親切が回ってきたようである

・英語でなんていうんだっけ chain of...?

・とにかくご縁に感謝

センス・オブ・ワンダー

 

昨夜(というか今朝)3時まで粘り、やっと固定資産税収の回帰分析の結果が良くなった。いろいろ複雑なことを試したが、結果、地価の総平均ではなく基準地価格のデータを使えばよかっただけのことだった…生産性の低さに呆れるばかりである。やれやれ。

仙台から山形に行くのを、太平洋を渡りブラジルを経由して1周してきたような、そんな気分。がっくし。しかし、遠すぎるほど遠回りをしたおかげで、固定資産税について少しは分かるようになった。にしても税制は複雑だなぁ。仕組み考えた人の頭の中を覗いてみたいものである。

 

最近、将来やりたいことについて考えが変わってきた。

今までは「長時間労働をなくす!子育ても仕事もできる環境にする!」と、意気込んでいたのだが、なんだか最近気持ちの変化にうっすら気付いてきてしまった。

 

たしかに、労働について考えなおす必要はある。だが、それだけではなく、もっと広く「100年生きるライフプラン」たるものを考える必要があるのではないか。医療技術の発展で100歳まで生きることが昔より珍しくないわけだし。

生まれてから死ぬまで、どの世代においても心がワクワクする人生。素敵ではないか。

私にとっての「心のワクワク」の源はセンス・オブ・ワンダーである。一般には自然に限られているが、私はより広い意味で捉えている。文化、学問、環境、なんでも良いが、「新しい感覚に出会うこと」がセンス・オブ・ワンダーである。

そのために、感じる心というものを幼少期から育める世の中にしたい。季節とともに変化する空気の匂いを感じ、そこに感情を組み込めるくらい心の豊かな人間に。

ワクワクな人生を送って、死ぬときに「日本に生まれて良かった」と思いたいものである。

 

そんなことを考えながら星空を眺めていたら、なんとなんと大きな火球が!

流石痕もくっきりはっきり3秒ほど。人生初。

これはまさに

センス・オブ・ワンダー!!!!

 

 

 

 

初ブログ

はじめまして。

 

男もすなる日記といふものを女もしてみむとてするなり。

というわけで気の向くままに開設しました。

就活で悶々とした気持ちを晴らす場所になりそう。どうかご愛敬。

 

 *********************

さてさて、今日で経済学史という講義が終わった。

この授業のおかげで初めて経済学に興味を持った。3年生がもうすぐ終わるというこの時期に…お恥ずかしい。先生の話し方が上手なのが大部分の理由だが、この授業の内容は「経済現象と当時の人々の”ものの見方”によって経済学は移り変わっていった」ということが俯瞰できるようになっている。1年次から学んできた学問のピースがカチカチとはまり、ようやく頭の中で古典派から非ケインジアンあたりまでの流れが整理された。実に気持ちがいい。改めて経済学は実学だと感じた。生きとる生きとる。

もっと早い段階でこの授業を受けていれば、大学で経済学を勉強する時間を有意義にすることができただろうに…残された時間があまりにも少なすぎる。大学のカリキュラムを今一度見直すべきだと思う。

 

なにより教授が親しみやすい方で、先生とのおしゃべりが今学期のいきがいであった。私の素朴な疑問「家族の価値って経済学で表せるのか」に誠心誠意向き合ってくださったり、ゼミ活動の話や進路の話に付き合ってくださったり。他の教授なら「あなた馬鹿じゃないの?」と言われそうな質問でもそんな態度は一切取らなかった。学生の「分からない」「これってどうなんだろう」にちゃんと向き合ってくれる存在は貴重である。

 

この講義が終わったら、ほぼ先生とは会う機会がなくなってしまう。そう思ったら寂しさがこみ上げた。寂しさのあまり授業後に一緒に写真を撮ってもらった。それにも対応してくれるなんて…神対応

 

先生の年齢がちょうど親世代であるため、私にとってはお父さん的存在である。私も先生のような父がほしかったなぁ。家での会話からたくさん吸収できそう。

 

写真撮影できたことに加え、中間テストの出来が受講生220人中1番良かったというコメントもいただけたので、もう大満足である。

 

せっかくのご縁、これっきりにしたくない。就職先が決まったら、先生とごはんに行って半世紀ストーリーをたっぷり聞きたいなぁ。OKしてくれるかなぁ。どうかなぁ。兎にも角にも、まずは内定もらわなければ。その前に大学の単位取らなければ。それよりさらに前に、固定資産税の回帰分析成功しなければ!

 

初ブログ、これにて。