スーパーの休憩スペースの存在意義

今日は某企業の面談。

13:30からだと思っていたらまさかの午後3:30。担当者さんご迷惑おかけしました。

 

昼にコーヒー飲みすぎてもうカフェは行きたくない。→さて、どこ行く? →あ、近くのスーパーに座るところあったな

 

そしてスーパーの休憩スペースへ。

このスーパーは高齢者もよく買い物に来るので、各階のエスカレーター脇に椅子とテーブルが配置されている。私も2人が向かい合う席に着いた。

 

おばあさんAが私の向かい席に座ってきた。

カーネーションを買いにきたらしい。亡くなったお母様にも毎年カーネーションをお供えしているとか。素敵。今年は植木鉢スタイルが流行りらしい。

就活の話もしたが、私の受けるところ全て知っていた。どこもいいところと太鼓判をおされる。チョコをくれた。ありがとう。

明日は雨らしい。

 

おばあさんAが去った後、今度はおばあさんB。昨日すき家に行ったら階段で転んでしまったとか。お大事になさってください。

歯が綺麗と褒められる。歯列矯正をしたと答えると、その歯医者を教えてくれとのこと。紙に書いてあげたら綺麗な字と褒められた。初めて言われた。

それから某薬局の電話番号をスマホで調べてくれと。息子さんが調べてくれないらしい。そこは助けてあげようよ、と他人の家族関係に介入しそうになったのでぐっとこらえる。

またもや歯が綺麗と褒められる。次来たときに300円ほどの歯ブラシをあげたいとの熱烈なオファーを受ける。おぉ、今の歯ブラシ5本買える。しかし自分で買うとお断りした。

ランチパック1枚と、ようかんをいただいた。なんて気前がいいの!ごちそうさまです!

 

どちらのおばあさんも、歳を重ねると家族が近くにいなかったり、素っ気なかったりで話す相手がいないとのこと。買い物に来て休憩スペースでおしゃべりすることがとても楽しいらしい。

 

ここに来るまでは、高齢者の体力を気遣って休憩スペースを設けている、ただそれだけのことと思ったが、このスペースの果たす役割はそれだけでない。高齢者の交流の場としても機能している。若者じゃ見知らぬ人と会話などしないから、副次的機能を見落としていた。

 

改めて、スーパーの休憩スペースの存在意義を感じたのであった。ある意味、面談時間まちがえて良かった。

年取った方が幸せってステキね。

卒論で「東北地方の幸福度」について取り上げる予定。

そこでまずは「幸福度とは何ぞや」ということで内閣府の議論結果を読んでいます。

もう、序論からびっくりしました。

 

年を重ねるごとに幸福度が下がるって感覚的に分かりません?

10年前より夢や希望を持てなくなったり、無邪気でいられなくなったり。

世の中の理不尽さに疲弊したり。(って何歳だよ)

 

でも、その感覚は「日本特有」らしいのです。(しっかり調べていないので正誤は他責)H20年版国民生活白書より以下の資料を入手。

f:id:risatumtum:20170501095748g:plain

先進国においてアメリカのように幸福度がU字を描くのが一般的らしく、日本の「生まれたらあとは下るだけ」とは全く違うのです。

 

これが、高齢化の進む東北地方が他地域と比較して慢性的に幸福度の低い原因の1つなのですね。

 

何がこんなにも違いをもたらしているのだろうか。

長寿大国の高齢者が幸福度低いっていったい…。

これから高齢社会が進むのにこれはまずくないか。

日本を幸福度U字型の国にしたい。そのためにはどういう施策が必要だろうか。

 

論文サーベイ始動であります。

原点回帰

うろうろしてやっと見えた。

やっぱりはじめに目指していたものが自分のいちばん行きたい道。

うろうろしてた時間かなりロスした。悔やむ。

でも、のこり数日、やれるところまでやったるけん!

 

応援してくれてありがとう。

いってきます!

 

5/1 追記

一次試験 基礎25 専門24

というなんともボーダーofボーダー。

12日まで生きた心地しないが、試験、GD、面接などなどやることはやろう。地に足つけよう。よし。

 

5/11 追記

参議院事務局 一次通過

 

5/12 追記

辛うじて一次通過

 

とろみVネックの罠

こちらは桜が満開です。何事にも東京都の時差を改めて感じます。

 

さて、春らしくなってきた、かつ、大人っぽい服着たい、でイメージを膨らませ…

 

とろみシャツのVネック着こなせたら大人っぽいぞ!!

イメージはこんな感じ。

 

f:id:risatumtum:20170415194649j:image

 

というわけで少しお買い物。るんるん。

 

至る所に似たようなものがありました。

早速着てみると、、

 

……????

 

試着室の鏡に映る私はまるで

f:id:risatumtum:20170415194808j:image

 

オペに入るお医者さん。

 

理想と現実というか、理論と実践というか。

とにかくトホホな出来事でした。

 

そこまで大人ではないし、顔が地味なので、

飾り、ボタン、レースなど何かしらないとキマらないということが、明らかになりました。

 

試着って大事。

”平均的な自分”も認めてあげることにした

今までずっと、「平均的な自分」に引け目を感じていた。

運動、勉強、音楽、、何をやってもそこそこ。

好き嫌いも特にせず、いろいろなことに広く浅く興味をもつ。

 

何か1つの物事に長けている人

何か1つの物事を熱く語れる人

 

とても羨ましい。

 

ただ、世界情勢を見ていると、

輸出がバンバンできる国

資源保有量がウリな国

1つに長けている国は世界経済の波にもまれがち。

今、そのリスク回避のために打開策を模索中。

世の中が変われば長所が長所ではなくなってしまうんだ。

 

そんなことを考えて、

「平均的な私って実はリスクコンサルの観点からはgoodなのでは?」

なんてことを思ったのであった。

 

もう自分に引け目を感じることはやめよう。認めてあげよう。

同心円状に自分を磨いていく。

親友は何人いますか?

面「親友は何人いますか?」

 

――すべてはここから狂い始めた。

 

私「15,6人?いや、もっとです」

面「へぇ~~ずいぶん多いんですね。ふふっ」

 

…鼻で笑われた。

悔しいから反論開始。

 

私「親友・友達の区別って残酷だと思いませんか?私は10年前に"友達"に分類されて仲間はずれにされました。その痛みを知っているので、お世話になった仲間を区別しません。差別的行為は嫌いです」

 

あー、おわった。もう吹っ切れた。ほどよくネタに走ろう。

 

面「それじゃあ、あなたの今までかかわった友人はどのようなタイプが多いですか」

私(今まで…主にバレー部…)

 「サルみたいなタイプが多いです」

面「え?笑」

 

あたふたあたふた、焦る私。見た目だけに注目して口走ってしまった…!

さてどうする。

 

私「見た目もサルのようですが、リスク顧みず本能で挑戦できる子たちです。私は達成可能性の低い夢は諦めがちでしたが、彼女たちのおかげで、可能性を計算せずに勢いで攻めるワクワク感を経験することができました。彼女たちと一緒だったから、一度も勝ったことのない東北大会優勝候補に強気で立ち向かい、全国大会へ出場することができました」

 

なんとか逃げたんじゃない!?

 

面「そうですか~」

 

ありゃりゃ、ダメか。撃沈。

 

面「ところで、りさつんさんは、人と接する際に相手と打ち解けあうことを大切にしている、と仰っていましたが、”相手と打ち解けあって話している”の判断基準は何ですか」

 

私「恋愛観を聞いたとき、躊躇せず話してくれるか否かで見ています」

 

なに言っとるんじゃ私。

 

面「あはは(苦笑い)」

私「あはは(愛想笑い)」

 

面「少し話題を変えて、親のしつけはどのようなものですか」

私「放任主義です」

 

あれ?面接官むっとした。

 

私「ネグレクトではなく、レッセフェールです。やりたいと思ったものはやってみなさいと育てられました」

 

少し経済学部生感漂わせてみた。アダムスミスよ、味方してくれ。

 

面「では、親はあなたにとってどのような存在ですか」

 

空気?ん~なんだか失礼。あ、思いついた。言ってしまえ!

 

私「損害保険のような存在です」

面「というと?」

私「私の心が壊れたときに支えてくれ、再チャレンジを後押ししてくれます。ああしろこうしろと言わずに、見守ってくれています」

 

お~。私的に良い返し。にひひ。

と、思っていたものの、面接官は不服そう。

あぁそうか。私は除外決定なんだな、察知。

 

その他諸々聞かれ、激掘り面接を終えたのであった。

 

 

ごめんなさい面接官さん。お疲れのところこんなくだらない回答されたら、そりゃ私だって鼻で笑います。

 

だがしかし、親友と友達の区別の質問は解せぬ!

 

大学で鼻のかみ方を教えてあげよう?

世間的にみて学歴は高めなこの大学。

しかし、教科書以外の物事はFランなのです。 

 

 

図書館にいると、四方八方から鼻をすする音が止みません。

ズビズビ…ブゴゴゴ…。

 

…うるさーーーーーーーい!!

 

仕返ししようと、鼻をすすった直後にすすり返してやったが、効果ゼロ。

そうだよね、自分でやってて気づかないんだもん。他人のちょっとした反撃に気づくわけがない。

 

 

数字の処理できても鼻水の処理は分からないのかこの子たち。とほほ。

 

 

パンキョーで「鼻のかみ方」という2単位の講義があってもいいくらい。

ついでに寝癖の直し方、貧乏ゆすりの公害問題も一緒に教えてやってくれ。

 

ここで念のため、鼻水の処理についてナイスなページがあったのでご紹介。

トピックス:正しい鼻のかみ方 - かみむら耳鼻咽喉科

 

そうそう、鼻すする人に限ってティッシュの使い方ヘタ。

ちゃんと半分に折りなさいよ。そしてもっと出るならもう一回折って使いなさいよ。

 

 

鼻すすりも、貧乏ゆすりも、女性で該当者に出会ったことがないという不思議。

これは男性に限った話なのか?そもそも女性が周りにいないのか?

 

 

とにかくティッシュで鼻かめ。