わだかまりが解けた日

社会において「ものの見方」は確実に変化している。

しかしどうやって変化しているの??

 

法律によって企業行動が変わり、それが大衆の価値観を変えている、と長い間信じていた。法のインパクトってすごいや、と。

 

しかし、先日の説明会で担当者が「人々の精神面に政策や法で介入してはいけない」と語っていた。

それじゃ人々の価値観、つまり「ものの見方」を変えられないじゃないか。

価値観を変える源泉はここではないのか?それならどこなんだ?

…という感じで、悶々とする日々が続いた。頭の中で膨れ上がりパンク寸前。

助けて先生ー!というわけで訪問。

 

先生は一通り私の考えを聞いた後、「いくつかの層になってると思うんだよ」と切り出して1つ1つ丁寧に話してくれた。

 

・徳=社会的に価値のあるもの。共通。

・善=個人で価値のあるもの。それぞれ異なる。

自由主義において人々の精神に法がズカズカと入っていくのはタブーとされている→善への介入は不可

 

・政治家は価値観を出す。国民はそれを選ぶ。

・両者の合意がなされた地点で行政官は執行する

→行政は中立でなければならない。

 

法は強力なツールであることは間違いない。だからこそ、それを扱う行政官は、政策立案・執行において自己を抑制しなければならない。中立な立場なことを常に忘れてはならない。

 

結局、「ものの見方」ないしは、社会の変化たるものは、

誰かが「おかしい」「生きづらい」と感じる→同じようなことを思う人が増える→政治家がそれをキャッチして世の中の論点に持っていく→社会で注目される→デモクラシー機能が働く→着地点で行政が執行→企業行動が変化→世の中が変化

ざっくりこんなメカニズムなんだろうな。

 

今回の会話で「中立であれ」「表と裏の両面を見よ」というメッセージが強く込められていた(ような気がした)。

たとえば、商品の価格が下がるのは嬉しいことだが、そこで自分や家族が働いていれば給料が下がることにつながりかねない。

また、子育て支援として増税する。「少子化は社会問題だから社会全体で支援する」という考えがある一方で、子どもを産まない、また「産めない」人にとっては罰金を科しているのと同じである。それはつまるところ、「産めよ育てよ」に行きついてしまうのである。

表には必ず裏がある。厚労行政は人に直接的にかかわる分、それが露骨に現れるのである。

 

 

中立な立場で、見逃しがちな裏を意識して考えよ。

今後の教訓となった。

 

長く苦しんだわだかまりから解き放たれ、自分の課題も見つけられた。

いつか言われた「物事を考えるバランス感覚」という言葉の意味をやっと理解できた気がした。ちょっぴり心の成長。